ゴミ屋敷片付け・掃除の料金相場

片付け専門業者に依頼する場合、やはり気になるのが料金です。しかし、それぞれゴミの量や部屋の広さが異なることや、依頼する業者の料金設定の違いから、一概にいくらとはいえません。

依頼する業者を決め、直接見積もりを取るのが料金を知る一番の早道といえるでしょう。「今すぐ片付けないと大変なことに!」といった事情がない限り、最低でも3社程度の相見積もりを取るのがおすすめです。

いつくかの業者の料金を見ることで、片付け料金の相場を知ることができます。

ゴミ屋敷片付け業者の一般的な料金設定

ゴミ屋敷の片付け業者の基本料金は、「車両代+人件費+処分代」で構成されているのが一般的。

ゴミの量に応じて車両のサイズやスタッフの人数を決めるので、電話などではなく実際に現場で見積もってもらった方が万が一の料金トラブルを避けられると思います。

汚れや悪臭が激しい、高所でつり下げ作業が必要、ハウスクリーニングも頼みたいなど、別途作業が生じた場合はオプション料金が加算されます。

ゴミ屋敷片付けの料金例

ここではゴミ屋敷片付け料金の例(基本料金のみ)をいくつか挙げてみます。いずれもゴミが溜まり、床が見えない状態のゴミ屋敷です。

●1Kマンション(軽トラック+スタッフ1名+2時間作業)
車両費(3,500円)+人件費(6,000円)+処分費(40,000円)=計49,500円

●1DKマンション(2tトラック+スタッフ3名+3時間作業)
車両費(13,000円)+人件費(9,000円×3)+処分費(100,000円)=計140,000円

●4LDK一戸建て(2tトラック2台+スタッフ4名+6時間作業)
車両費(13,000円×2)+人件費(18,000円×4)+処分費(180,000円)=計278,000円

●1Rマンション(軽トラック+スタッフ2名+2時間作業)
車両費(3,240円)+人件費(12,960円×2)+処分費(81,000円)=計110,160円

●2DKマンション(2tトラック2台+スタッフ4名+5時間作業)
車両費(9,720円×2)+人件費(32,400円×4)+処分費(113,400円)=計262,440円

ほんの一例ですので、参考程度にお考えください。業者によって消費税込み・抜きと、表示に違いもありますので、その辺りの確認もしっかり行いましょう。

1Rや1Kなどの間取りなら30,000~80,000円が相場です。これは1~2名が長くても3時間以内で片付けが完了した場合の費用なので、比較的間取りの小さい部屋の場合は30,000円に近い費用となるでしょう。ただし、処分するゴミが多ければ多いほど処分費は増えます。部屋全体に1メートル以上のゴミが積み重なっていると、処分費含め料金が10万円を超える可能性が高いです。

ゴミの量が多いほどトラックや作業員の数も増えるので、その分の車両費と人件費もかさばります。数十分以内に終わる作業は人件費無料と設定している業者もありますが、上記の相場は床が見えない場合のケースです。複数名でやっても時間がかかると考えられるので、人件費の発生は避けられません。2DK以上の間取りは10万以上かかるでしょう。

料金設定は事前に確認しておくことをおすすめします。業者によって料金設定が異なり、別料金が発生することもあるからです。例えば対応地域外の依頼や、2階以上でエレベーターがない場合、別料金が発生する業者がほとんど。依頼前には自分の地域が対応地域内か、別料金が発生する条件がないかを確認しておきましょう。

行政・自治体が介入すると料金が高額になる!?

勧告を無視すると撤去費用を請求される

テレビでも取り上げられるゴミ屋敷ですが、行政や自治体が介入する場合があります。ゴミ屋敷から出る臭いや害虫、近隣トラブルなどの問題があるためです。行政や自治体が介入した際の最も注意すべき点は、費用が高額になるということ。行政からの勧告を受けていたにも関わらず、それに従わずごみを放置すると、行政による強制撤去が執行されます。そうなると、撤去するために発生した費用として、数百万と言う高額な費用を請求される可能性があるのです。

行政・自治体の介入前に業者へ依頼しましょう

数百万円という大金は、すぐに用意できるものではありません。しかし、ゴミが多くなりすぎると自分や家族だけでは処理しきれなくなってしまいます。どうすべきか分からずそのままにしているうちに、新しいゴミが増え続ける事態は避けたいところですよね。これ以上ゴミを増やさず、撤去費用を請求されないためにも、早めに業者へ見積もりを出しましょう。複数の業者情報を見て、人件費や処分費を比較してみてください。追加料金やオプションのほか、業者の評判もチェックしておくことが大切です。

見積もり依頼では、間取りや積もっているゴミの量を細かく伝えましょう。ゴミの量や大きさによっては2tトラックを使う必要があるので、どのようなゴミがあるかも記入したうえで見積もりを出してください。

注目

ゴミ屋敷脱出の心強いパートナー片付け・お掃除業者見積もり比較