心の病気との関係

片付けられない、捨てられない、ささいな物を大量に集めてしまうといったことからゴミ屋敷が生まれます。そのような行動の原因が、精神疾患や脳障害であるケースも多くあります。ここではそれらについて解説していきます。

うつ病

ゴミ屋敷自体が「もがき苦しむ姿」だとして、うつ病の具現化だと解釈する人もいます。ゴミ屋敷の住人は、年齢性別を問わず、生活様式も多岐にわたっているといいます。

仕事や人間関係など、何らかのストレスからゴミを溜めはじめ、蓄積していきます。ゴミ屋敷の住人には、真面目で責任感の強い性格の人が多いといいますが、ゴミを溜め込むようになってからは近所付き合いを避けるようになるといいます。

うつ病などの精神疾患によりゴミ屋敷をつくってしまった人は、絶望感や疎外感、孤独感、虚脱感などを理由に挙げており、簡単に言ってしまってはいけないのですが、寂しさを紛らわすためにゴミを集めているという印象を受けます。

こういった住人の場合、ただ苦情を言う、強制的に片付けるなどの対処法では、無くなっては溜める、のいたちごっことなってしまうようです。

大阪府豊中市では、定期的にボランティアがゴミ屋敷を訪問し、ゴミを片付ける傍らで住人の話し相手になっているという事例があり、ゴミ屋敷改善の成果を上げているということです。

ゴミ屋敷は決してほめられたものではありませんが、周りの人が少しずつの優しさを与えることで、事態が良い方向に進むケースは多いのかも知れないなと感じます。

ADHD(注意欠陥多動性障害)/ADD(注意欠陥障害)

「片付けられない症候群」とも呼ばていれるのが、ADHD/ADDです。どちらも主に遺伝による先天性の脳障害ですが、これが原因で片付けや整理整頓が苦手だと認識されています。

ADHD/ADD患者は特に女性に多く見られるといわれていますが、これは日常生活の中で女性の方が片付け・整理整頓に関わる機会が多いからだそうです。男性にADHD/ADDが少ないわけではなく、目立たないだけ、ということのようですね。

ADHD/ADDの人は、片付け能力がないのではなく低いだけですから、その人にできる範囲での方法を指導すればうまく片付けられるようになるといいます。こちらもうつ病同様に、周囲の人が協力することでゴミ屋敷は改善されるといえそうです。

注目

ゴミ屋敷脱出の心強いパートナー片付け・お掃除業者見積もり比較