潔く捨てるための5つの心得

思い出のあるものや高価なものなど、捨てにくいものも結構ありますよね。でもゴミ屋敷から抜け出すには、捨てることが最重要項目。

以下にすっきり捨てるためのヒントを挙げてみますので、ゴミ屋敷掃除の際には思い出してくださいね。

1. 思い出が詰まっている物でも見返すことはない

子ども時代のぬいぐるみや発表会で着た衣装といった思い出深い物はなかなか捨てにくいので、写真に撮ったり、布製品の一部を切り取ったりして保管する方法がおすすめ。思い出はそのままでゴミを減らすことができ、一石二鳥です。

昔の恋人との思い出の品は、できれば未練と共に早々に処分した方がもっと幸せになれるような気がします。

2.「あっても邪魔にならない」はゴミ屋敷の栄養分

小さくて邪魔にならない物ほど加速的に溜まっていきます。コレクションとして気を遣っている物ならともかく、ゴミ屋敷のいい餌になってしまうので使わない物はさっさと掃除してしまいましょう。

3. 必要な物を捨ててしまってもどうにかなる

よほどの物でない限り、間違って捨ててしまっても、結構再び手に入れることができるものです。もったいない考えかも知れませんが、ゴミ屋敷から抜け出すことの方が重要です。ここは大目に見てもらいましょう。

必要だと思っていた物がなくても、案外問題なく暮らせるかも知れませんよ。

4. 大事にしすぎて使っていない物を一度使ってみる

高価な調味料やお酒、お気に入りの文房具など、飾って眺めていたいもの(ゴミ屋敷に飾る場所などありませんが)でも実用品や食料品ならとにかく一度使ってください。開封してしまえばそのままなんとなく使いきってしまうものです。

普段は買えない高級化粧品の試供品なども大事にしてしまいがちですが、使用期限を過ぎてから使うと肌に悪いので早めに使用したほうがいいです。

5. 高価なものだからと仕舞い込まない

使っていないものでも高かったからと大事にしまっていませんか?使わないものはいらないもの。勇気を出して処分してしまいましょう。

ただ捨てるのはやっぱり惜しい、というのであれば、リサイクルショップに査定してもらうといいです。価値がないといわれれば処分の後押しになるだろうし、いくらかででも買い取ってもらえれば捨ててしまうよりよかったと思えるでしょう。

注目

ゴミ屋敷脱出の心強いパートナー片付け・お掃除業者見積もり比較