ゴミ屋敷片付けの極意・捨てる技術

ここでは、ゴミ屋敷を片付けるために必要な「捨てる技術」についてまとめました。

美徳のはずのもったいない精神も、ゴミ屋敷の前では悪徳に変わってしまいます。

上手に捨てて、ゴミ屋敷をさっぱり片付けましょう。

捨てる腕が上がっても追いつかないときは?

よし、捨てよう!と奮起して、こつこついらないものを仕分けていても、この作業が無限に続くのではないかと感じさせるのがゴミ屋敷の凶悪さ。

例えば負担がかからないように、1日1個のいらないものを見つけて捨てていくという方法は効果的だと思うのですが、ゴミ屋敷には非力なんですよね。なんだか新しいゴミが増えてるし…。

こんな風に値を上げてしまいそうになったら、ゴミ屋敷の片付け業者に依頼するのがおすすめです。

こんな部屋みせられない、と思うかも知れませんが、少しずつでも捨てていたのだから当初よりはましになっているはず。ここは思い切って相談してみましょう。

信頼できる専門業者を選べば、無限に続くと思われた廃棄作業からほんの数時間で解放されることを約束します!

潔く捨てるための5つの心得

捨てたいものの中には、思い出が詰まっているものや使い道がありそうなものがあることも。そういったものはなかなか捨てるに捨てられず、置きっぱなしにしてしまうでしょう。しかし、そうやって捨てないままでいると、家をゴミ屋敷にする原因となってしまいます。自宅をゴミ屋敷化させないためには、あっても邪魔にならないからと取っておかず、きっぱりと断捨離することが大切です。いるかいらないかは、実際に使ってみるなどして考えてみると良いでしょう。

身の回りの物の捨て方

衣類は季節が変わる度に新しいものを買うことで、どんどん増えていきます。衣類だけでなく靴や本などは、溜まりやすいので放っておくと大変です。タンスやクローゼットにしまう際はしまい方を工夫することで、自然と着ない衣類が分かります。本も同じく分別を行い、さらに良く読む場所に本棚を置いておくことで片付けやすくなり部屋がスッキリします。捨てられないという場合は、売るという選択肢も考えてみると良いでしょう。

思い入れのある物の捨て方

大切にしていたものは、思い出がある分捨てづらいのが難点。躊躇せずに捨てるためには、一工夫する必要があります。例えば写真。写真を撮ることでいつでも見返せるうえ、スペースもとらないというメリットがあります。もし写真を整理するのが大変だという人は、データで保存してパソコンで管理するのもおすすめ。写真と同じくデータにすればスペースもとらないので、部屋にゆとりができるでしょう。また、スライドショーにして楽しめるのが魅力的。保存したSDカードはなくさないよう、分かりやすい場所にしまうかバックアップを取っておきましょう。

ものに順位をつける

片付けを始める前に、どれが必要かといったランキングを作ってみましょう。通帳や印鑑は自身の財産管理のために必要不可欠です。家具や家電も同様に、生活には必要なものだと分かります。このように上の順位から決めていき、最初のうちで捨てるもののリストを決めておくと片付けがはかどるでしょう。

一気に家全体をやろうとしない

ものに順位をつけるように、片付ける場所も順番を決めましょう。なんの計画性もなく家全体を片付けると、段々とモチベーションが下がっていきます。今日は玄関を、明日は自室をというように、部屋ごとにやる日を分けるのがおすすめです。場所だけでなく、片付けにかける時間や休憩時間を計画しておけばより効率的に片付けが進められます。

注目

ゴミ屋敷脱出の心強いパートナー片付け・お掃除業者見積もり比較